ダイソンくるくるドライヤー&ヘアアイロン の実力がすごい!

ダイソンから新発売された、くるくるドライヤー&ヘアアイロン「エアラップ スタイラー」。

ヒルナンデス!でも紹介され、高額にもかかわらず、早くも入荷待ちの大人気商品になっています!

 

自動で髪がドライヤーに巻きつき、自然なカールができるダイソン独自の技術をはじめ、その人気の秘密に迫ってみます。







ダイソン くるくるドライヤー&ヘアアイロン「エアラップ スタイラー」

6つのアタッチメントを付け替え、ドライヤー、ヘアアイロンとして利用


ダイソン「エアラップ スタイラー」には6つのアタッチメントが付いています。

これらのアタッチメントを付け替えることで、ドライヤー、ヘアアイロンなどの役割を果たし、カールやブロー、ドライなどが自由自在にこなせます。

 

もともとダイソンのドライヤーは定評がありますが、この商品の目玉はなんといってもヘアアイロンでしょう。

「エアラップ スタイラー」には、毎分最大110,000回転する独自開発されたデジタルモーターが搭載され、この回転により、3.2キロパスカルの風圧を生み出します。

 

この風が急流に乗って上昇し、髪を近づけると巻きつけるわけです。

といっても、現物を見たことがない人にはわかりにくいと思うので、下の動画を見てみてください。

動画にあるように、濡れた髪で使えます。

温風で乾かしながらカールをつくり、固定させるところで冷風に切り替えます。

 

ちなみに、この技術を生み出すために、ダイソンはのべ230人の研究員と6年間の歳月、そして35億円の投資を費やしたようです。

ダイソン「エアラップ スタイラー」のメリット

やけどの心配がなく、髪にもやさしい

一般的なヘアアイロンのように、

高熱で髪をアイロンするわけではないので、

髪のダメージが少なく、またヤケドの心配もありません。

濡れた髪のまま使える

ドライヤーとして、乾かしながら巻き髪を作ることができます。

濡れた髪のまま利用できるので時短になるし、毎朝の忙しい時間帯などには重宝するかもですね。

 

これも熱に頼らず、風でスタイリングするダイソンのドライヤーならではです。

大きめのカールも、小さめのカールも自由自在

ダイソン ドライヤー ヘアアイロン

アタッチメントを付け替えることで、大きめのカールも、小さめのカールにも対応。

なめらかな仕上がりのブローも可能です。

ダイソン「エアラップ スタイラー」のデメリット

価格が高い

商品価格は6万円ちょっと。

ダイソンの製品全般にいえることですが、ちょっとお値段が高めの設定です。

 

でも、独自技術で、他にはないオンリーワンの製品を生み出しているので、価格に納得できる人はめちゃいい商品になると思います。

慣れるまでにはある程度時間がかかるかも!?

オンリーワンの商品というところともちょっと関係がありますが、他にはない商品なので、操作に慣れるまで少し時間がかかるかもです。

 

慣れれば、乾かしながらカールをつくったりできるので時短になりますが、慣れるまでは少し時間がかかるかもしれないので、その点は注意しておきましょう。

さいごに

高額商品だけに、故障が心配って人も少なくないと思います。

こちらのDyson Airwrap スタイラーは、メーカー2年保障が付いています。

これで、初期不良はもちろん、1年ちょっと使って不具合が起きた、ってときなども安心ですね!

 

あとはお値段がネックになると思いますが、毎日使うものなので、望みどおりのスタイリングが簡単にできるようになるのであれば(しかも時短!)、十分元は取れるでしょう。

ご購入前の参考になれば幸いです(^▽^)